TEL06-6976-6194

受付時間9:00〜17:00(土日祝休み)

お問い合わせ
TOP › 杉浦 勝昭

会長ブログ

歌  二つ

歌 二つ

日経 歌壇 2019年8月17日(土)

xxx

 

誰一人 入り来ぬ午後 西日のみ

机の上を 這いゆきてさる

xxx

 

夕焼けを 覆えるほどの 鳥たちよ

二羽くらいぶつかれ 恋に落ちよ

xxx

夏の夜

夏の夜

xxx

夏の夜の水田の

怨恨は気が遠くなる

盆地を 続る山は巡るか?

xxx

裸足はやさしく 砂は底だ。

開いた瞳は おいてきぼりだ。

霧の夜空は 高くて黒い。

xxx

霧の夜空目高くて黒い。

親の慈愛はどうしやうもない、

疲れた胸の裡 花言葉が通る。

xxx

疲れた胸の裡を 花言葉が通る。

ときどき銅鑼(ごんく)が着物に触れて

霞はきれいだけども 暑い。

xxx

 

中原中也読んでますがんばる のは 誰だ?

八つ当たり

八つ当たり

 

「八つ当たり しないで」

Don’t take it out on me.

xxx

ひとつひとつの単語はみんな知っているものばかり。

しかし・・・

こんな表現 ご存知でした?

 

超能力

超能力

xxx

彼女が 超能力者だと確信を持った。

xxx

 

あなたは犬と猫を区別できますか。

これなら私にもできそうです。

xxx

あなたは犬の毛と猫の毛と区別できますか。

種類によってはできるかもしれませんね。

xxx

しかしどの種類の犬と猫でも区別できるとすれば

これはすごい能力ではないでしょうか。

xxx

はたと気がつきました。

xxx

アレルギーというのは凄い能力なのだ。

アレルギー体質の人は 皆 超能力者なのだ。

アレルギーのない私は 凡人なのだ、

xxx

アレルギー体質の人が 羨ましくなった。

 

がんばる のは 誰だ?

 

「我ン張る 僕の性質」

 

中原中也詩集 p154

 

頑張ってしまう 我

 

xxx

 

中原中也 読んでます

最近投稿された記事

カテゴリー

月別アーカイブ