TEL06-6976-6194

受付時間9:00〜17:00(土日祝休み)

お問い合わせ
TOP › 杉浦 勝昭

会長ブログ

18-003 「縦書き」と「横書き」

 

今大きな変化が起こっているのだが、このことの重要性を指摘している人や文献を知らない。

ご存知の方は是非お教えください。

 

日本文は元来縦書きである。

日本文字の元になる漢字は一つ一つの文字は独立して書かれるが、

文として書かれる時は縦方向に書かれる、横水平方向に書かれることはなかったように理解している。

中国語で書かれる場合縦方向に書かれる。

一行一行は右から左へと並べられる。

アナログの現在の本のページでは右から左へと読んでいく。

昔の巻物には左から右へと書かれている、描かれているので、右手で開いていく。

 

ところが現在の中国語は多く横方向に書かれている。

少なくとも出版されているものは横方向が多い。

ピンインを使用してこれを印刷するには横方向でしか見たことがない。

ピンインを縦方向で使うことはできるのでしょうか

 

日本語の文章を書く場合縦であれば文字を続けて書くことができる。

しかし横方向でのお習字は芸術的ではあるだろうが本来のものではないように思える。

筆の扱い方も異なってくるだろう。

 

このようなことがこれから続いていくとすれば中国の人々の精神構造にも変化を起こすのではないだろうか。

 

人類の過半数を占める民族の変化がどのようになっていくのか。

このような研究はなされているのだろうか。

 

また日本の文明はどのように変化を受けるのだろうか。

「お習字」はどうなるのか。「筆」はどのように使うのか。

縦書きはなくなっていくのか。

横書きばかりになるのか。

印刷はどのように変化していくのだろうか。

 

大論文を準備しなければならない。

これからの100年で変わっていくものだろうか。

それとも1000年2000年スパンの変化となるのだろうか。

どうなるのか知りたいものだ。

おちおち死んでしまうわけにはいかない。

 

 

 

18-002  ICを結ぶもの ICの間にあるもの

 

一般に集積回路(INTEGRATED CIRCUIT)と表示されているものを

現在の地政学的に解釈すると

「I」はインドであり、それに対峙する形で「C」はチャイナ中国である。

その間を結ぶものとして「N」ネパールがあり、緩衝地帯となっている。

両者を結びつけているというより両者を離している・遠ざけているというのが本音だろう。

戦争が起こらず、世界平和が今年も保たれるよう、

コンピューターに向かいながら祈念する年の初めです。

 

18-001 新しい年に 新たな思い

 

リセットされたように新鮮な自分を感じている。

自由を感じている。

コンピューターのフィルターからも自由になれるように感じている。

 

自分自身からも解放されて自由になれる気がしている。

REALに触れたいと思う。

自分の五感(眼、耳、鼻、口、肌)で、見て・聞き・嗅ぎ・味わい・感じたいと思う。

 

未来に向かって飛び出していこう。

 

 

17-072  骨折りのため 年内休業

 

IMG_0695

17-071 「文玄展」2018年1月6日ー14日 北九州市

 

友人の個展です。

よろしくお願い申し上げます。

 

IMG_20171220_0001

最近投稿された記事

カテゴリー

月別アーカイブ