TEL06-6976-6194

受付時間9:00〜17:00(土日祝休み)

お問い合わせ
TOP › 杉浦 勝昭

会長ブログ

30-094 「 シャンソンコンサート」太閤園

 

 

 

菅尾玲子 REIKO SUGAO CONCERT

 

歌がうまいのはもちろんだが
感心したのは彼女のおしゃべりのうまさ、語りのスピードが見事なほど心地よい。
人柄がおのずとにじみ出て
言いたいこと言いながら言い過ぎそうな手前で見事にブレイキ。
完成品。

 

観客の平均年齢はおそらく70をオーバー、
みんなを元気にパワーアップ、世のお役に立っている。
ここまで出てくる元気を与えているんだからそれだけで大したものだ。

コンサートで歌っている世界も自分独自の世界で
シャンソンといったジャンルではくくれないものだ。

 

コンサートの後、同窓生でお茶をしました。

いい時間をいただきました。

30-093 「あ」は日本人の心情の源?

 

まず我が母校「高津高等学校校歌」「朝霧」を聞いてもらおう。

あゝ朝霧の立ち籠むる
山の彼方を 究むれば

 

 

 

「あ、xxxxです」

電話をかけて相手が留守番電話だった場合、私は必ずそう吹き込んでしまう。

名乗る前につい「あ」と声を出してしまうのである。

・・・

なぜ「あ」なのか。

・・・
「あー」とは何だ。

 

我が校歌は 1番2番3番 見事に「あゝ」が頭にくっついている。
必ずしも必要ないと思うのだが・・・

 

「不明解日本語辞典」を読んでいてさらに一層不明解になるこの不明解さ。

 

 

30-092 「もっと自由に。もっと創造。」 100年の歴史とDNA

 

学校ができて100年の節目という。

その100年の間に34,000人の卒業生を輩出した。
学校紹介を作成した自治会長は「面白くする」という。
もう今までも結構「面白い」高校だと思うのだが
どんな風にもっと面白くなるのだろうか?
どんな風にもっと自由に、創造的になるのだろうか?

創立100周年式典や祝宴で意識された言葉は「グローバル」という言葉だと感じました。
だけど100年後に「グローバル」という言葉は果たして日本語の中に残っているだろうか。

誰もグローバルなどを語らなくなっているのではないだろうか?

 

 

 

 

 

IMG_20181125_0001

 

 

 

30-091 「杉浦OB・OGの会」 「のりを」 にて 発足

 

2018年11月22日(木)

弊社杉浦実業株式会社で務めてくれた人たちの同窓会みたいなものを作りたいなぁと話していましたが、
城戸くんを世話役に発足しました。
とりあえず第一回目ということで9名集まりました。
祝日連休のタイミングでどうしても出席できない人がいましたので
次回はさらに盛況になることでしょう。

各人の近況を聞くと、
結婚式をする話、
婚活に参加して苦労した話、
事務所・会社を開設してして頑張っている話、
子供のPTAでカメラマンをしている話、
一人何にも縛られないで自由に時間を謳歌している話などなど
充実した会でした。

おそらく次回はすぐに開催されることでしょう。

 

 

 

 

 

30-090 「囲碁の会」 古谷由希子インストラクターとともに

2018年11月22日(木)

 

 

ふるや塾梅田囲碁教室 ご紹介
古谷裕(ゆたか) 関西棋院8段
古谷 由希子(ふるや ゆきこ):囲碁インストラクター

ツイッター:https://twitter.com/furuyayukiko

 

最近投稿された記事

カテゴリー

月別アーカイブ