TEL06-6976-6194

受付時間9:00〜17:00(土日祝休み)

お問い合わせ
TOP › 杉浦 勝昭

会長ブログ

差別が残る時代に、正反対の二人が挑む南部へのコンサート

ヴィゴ・モーテンセン
マハーシャラ・アリ

時は1962年、ニューヨークの一流ナイトクラブ、コパカバーナで用心棒を務めるトニー・リップは、

ガサツで無学だが、腕っぷしとハッタリで家族や周囲に頼りにされていた。
ある日、トニーは、黒人ピアニストの運転手としてスカウトされる。
彼の名前はドクター・シャーリー、カーネギーホールを住処とし、

ホワイトハウスでも演奏したほどの天才は、

なぜか差別の色濃い南部での演奏ツアーを目論んでいた。
二人は、〈黒人用旅行ガイド=グリーンブック〉を頼りに、出発する。

ある日、N.Y.で用心棒を務めていたトニー・リップは、

彼はなぜか差別の色濃い南部でのツアーを目論んでいて。

二人は、〈黒人用旅行ガイド=グリーンブック〉を頼りに、出発する。

天才的な黒人ピアニストのシャーリー(マハーシャラ・アリ)と

イタリア系白人中年ドライバーのトニー(ヴィゴ・モーテンセン)。

生い立ちも生活環境も異なる2人が相手の長所を認め合いながら

憎しみと人種の壁を乗り越え、友情に結ばれていく。

その様子を人種差別が苛烈だった1960年代初めの米国南部を舞台に、

ユーモアと具体的なエピソードを交えて描くロードムービー。

人種差別という重いテーマを盛り込みながら、

最後は心温まる友情物語で閉めくくる。

文化も価値観もすべて好対照な2人ですが、共通する部分があります。

それは2人とも白人・黒人それぞれの社会で居場所を失っているということです。

トニーは白人社会でイタリア系のマイノリティとして蔑視されている。

一方、シャーリーはスノッブなエリートとして黒人社会で異分子扱いされている。

トニーには愛すべき家族があるだけ救われますが、

独身のシャーリーは裕福でニューヨークの一等地に住んでいるとはいえ、

白人・黒人いずれの社会からも排除され、孤独に苦しんでいる。

だからこそ

So if I’m not black enough,

and if I’m not white enough,

and if I’m not man enough,

then tell me Tony, what am I?

(私が、黒人でもなく、

白人でもなく、

真の男でもないというなら、

いったい何者なんだ私は!)

というシャーリーの悲痛な叫びは観る者の胸を打ちます。

それにしても米国の人種差別はなんと根強く複雑なのでしょう。

あらためてその闇の深さを思い知らされます。

この映画は実話に基づいています。

しかし各エピソードのきめ細かな描写、

自然で嘘くささを感じさせないドラマ展開、

優しさあふれるエンディング

納得の感動作となっています。

本年度(2019年)のアカデミー作品賞・脚本賞を受賞したのも肯けます。

助演男優賞を受賞したマハーシャラ・アリも素晴らしいですが、

個人的にはヴィゴ・モーテンセンが強く印象に残ります。

彼の名演技と存在感なくしてこの名作はあり得なかったでしょう。

 

新聞 って 何か ごまかして いるみたい

載っているニュースは みな 通信会社から送られてきたものばかり

だから どこの新聞紙 も 同じ

新聞で 一番 大事なのは

社説だろう

それが 第2面に 載っている

隠している みたい
恥ずかしがっているみたい
一面のトップに もってこい って 言いたい
社説で書かれているのは
「国際的なデジタル課税で合意を急げ」で あったり
「ラグビー強国を育んだ多様性」で あったり
これが 新聞が 世界に 訴える 提案 なんだろうか
もっともっと 将来に つながっていく
将来を 広げていく 視野が あるのでは ないだろうか

毎日俳壇 2019年10月14日(月) 行く秋

xxx

 

行く秋の

汽笛に 巴里を

恋ひに けり

xxx

 

ラグビーW杯2019 あっちも こっちも

日本 よく頑張りました 最後まで ドキドキしました

 

10月20日に日本とフランスが勝つことを願っていますが

その一週間後には 二国が準決勝を争うことになります。

両方ともを 応援することになりそうです。

いずれにせよ 戦争はしてはいけません。

どんな風に 死ぬの?

どんな死に方を するのだろうか?

ちょっと時間があったので 考えてみた。

皆様も ご一緒に いかがでしょうか?

(準備体操? なんの準備?)

xxx

ぽきっと いく、波。

気がついたら 死んでいた?

こんなに都合よくいくものだろうか?

xxx

細く しぶとく、 いく、波。

いつまで続くのか 考えていて 面倒くさくなる かな?

最近投稿された記事

カテゴリー

月別アーカイブ