TEL06-6976-6194

受付時間9:00〜17:00(土日祝休み)

お問い合わせ
TOP › 杉浦 勝昭

会長ブログ

7月になったぞ〜

xxx

後期 高齢

クーラー嫌い

夏嫌い

夏 今日  歌と俳句 日経

 

(不思議な歌 よくわからないけど 何となく惹かれたので)

 

ぼくたちは 五秒以内の ひかりなり

三秒以内の 甘き風なり

 

xxx

 

(こちらは 素直 あまりに素直すぎて 素直に夏に入っていけそう)

新たなる 日々積み重ね 夏に入る

俳句 三つ 2019年6月17日

 

毎日俳壇

地味といふ 存在感や 柿の花

xxx

ほととぎす 夢の真中を 鳴き渡る

xxx

 

桐の花 見上げて 空を見失ふ

 

「兆する」

「兆する」

こんな言葉をみつけた

知らなかったので調べてみた

 

 草木が芽を出す。芽生える。「新芽が―・す」

 

 物事が起ころうとしている気配がある。心の中にある感情や考えなどが生まれる。「日射しに秋の色が―・す」「淡い恋心が―・す」

[補説]とがって芽生えるものが現れ出る意の「牙 (き) 差す」からとも、また「気差す」の意からともいう。
何か 兆しているのだろうか
私の中に
世界の中に
社会の中に
何か いいものであれば幸いだが・・・

 

歌 二つ 日経から 2019年6月13日

人類が滅亡したら お花見をするのは

どんな生物だろう

(本当に どんな動物だろうか どんな生き物だろうか

ドブネズミだろうか ゴキブリだろうか

きっと花見は続いています)

xxx

人生のマトリョーシカの その最後に

小指の先の 吾が顔を出す

(「吾」と「我」はどう違うのだろうか

人生 生まれてきてすいません 太宰治的誕生?)

最近投稿された記事

カテゴリー

月別アーカイブ